■ ギャグ王レビュー 1999年1月号

発売日 : 1998年12月3日
掲載作品
御意見無用っ!!よしむらなつき巻頭カラー
半熟忍法帳新山たかし一挙2話
超弩級ほかほか戦士 チャブダイン牧野博幸 
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜藤森ナッツ巻中カラー
ハイパーレストランたかなし霧香 
ドラゴンクエスト 天空物語幸宮チノ 
アークザラッドII藤凪かおる巻中カラー
ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場幸宮チノ / ふじいたかし / 山崎渉
栗本和博 / 原淳 / 神田達志
田村きいろ / 小椋みき
越後屋サイバン / あずき・まめお
池野カエル / 浅村イオン / 白鳥ハト
 
聖クラリス探偵団夏緑(原作) / 祥寺はるか(作画) 
がんばれスイートシュガーちゃん霧賀ユキ 
ねむれ!星野くん村上サトム読み切り
エターナルワールド高坂りと読み切り
はむこみ!智 / 祥寺はるか / 梶原あや / 御茶まちこ読み切り
KIBA!村上ゆみ子 
GOGO!マリオワールド兼本あつこ最終回
星のカービィタイジャンホクト最終回
表紙イラスト : よしむらなつき

来月から

 雑誌の名称が変更になります。月刊少年「GagOh!」。ノリだけはやたらといい(爆)。リニューアルということで、来月は新連載やら新企画やら、色々あるみたいですね。
 というわけで、このコーナーも来月から「今月の『GagOh!』」とさせていただきます。別に報告するまでのことではないか(笑)。内容も変えるかどうかは私の気分次第なのは言うまでもありません( ̄× ̄;

彼方君の『推理のツボ』

 ※このコーナーは毎月の『聖クラリス探偵団』で出される推理クイズを、彼方君が従弟の推理を検証するという形で解いていこうというモノです。もちろんこれは大いなる『ネタバレ』ですし、合っているかどうかの保証もありません。その辺を十分にご理解いただいた上でお楽しみください。

 今月はタクミ君を襲った宝石泥棒を捜し出そうというもの。保険金詐欺(最近はやり?)も絡んで話的にはややこしかったですね。
 犯人はワイヤーを使ったトリックで密室を作ったわけですが、このトリックを実行する過程がポイントになってきます。ワイヤーで鍵をタクミ君の所まで運ぶには、少なくとも始点(ワイヤーの先端)が終点(タクミ君の所)よりも高い位置になくてはなりません。部屋の外からドアに鍵をかけて、そこからワイヤーで鍵を運んだという過程から考えても、鍵の出発点はドアの上の隙間だったということになります。さて、ここで223Pを見てみましょう。康介君がはむちを上の隙間から入れようとしていますが、届かないので諦めています。康介君でも届かない隙間から鍵を運ぶには、やはりそれなりの背丈が必要になってくるわけです。つまり、3人の中で一番身長のある人物、Cの阿賀潔さんが犯人です。

(余談@むささび:今回のワイヤートリック、実は古畑任三郎でも使われているんです。結果的には事件の内容とは関係なかったのですが、パート2の第9話『間違われた男』で風間杜夫演ずる若林仁がやっています。この話、推理ドラマというよりほとんど喜劇に近いものがありましたよね。三谷さんらしいといえばそれまでなんでしょうけど)

今月の上位者ランキング

1位めにょ53P
2位ぴろろー40P
3位アムーバ星第35星雲35P
4位追い出し屋33P
5位清水K28P
5位復活!PKみなみ28P
7位不思議な国のバカ27P
8位あずさわひなせ26P
9位いかさま兄貴25P
10位倉池聖24P
めにょさんが確実にPを稼いでます。
このまま突っ切るか?